2005年01月02日

うちのストーブはスウェーデン製

雪が降ったりと急に寒くなった今日この頃ですが
ストーブが大活躍する季節となりました

さて我が家の石油ストーブですが、これが全部外国製で
スウェーデンのPOD社製のバイキングというストーブです

アラジンという石油ストーブは見たり聞いたりしたことがあると思いますが
あれを二つ並べて四角い箱の中に入れたような形をしています

アラジン 石油ストーブ「ブルーフレーム」

実はこのあいだ、ためしに検索してみたのですが
どこにも売っていないんですよ、うちと同じストーブって
子供のときから普通に使っているんで想像したことも無かったんですが
なんかとても珍しいストーブらしいんですこれが

ただ某オークションサイトで芯だけ2本で7000円で出品されていました
いやこれにもびっくりしました、だってつい最近、父が
1本1890円(税込み)で買ってきたばっかりなんですから
ちなみに買ってきたのは東京の三越でした

うちのストーブですがよくある反射式のストーブとはかなり違います
炎の色がファンヒーターなんかと同じように青い色をしています
ブルーフレーム(青炎式)というらしいのですが
石油をほとんどガス化して燃やす構造になっています
だから石油ストーブ独特の油のにおいが全然しないんです

もちろん、ポンプなどを使った気化装置があるわけではないので
電気なども使いません、これってすごくないですか?

ただ部屋全体をだんだんに暖める対流式なので
足元が寒かったりすることがあるので
空気循環させるのに扇風機回したりしてますけど(^^;

うちと同じやつは売っていませんが同じ青炎式のアラジンなら
いっぱい売っているみたいです、興味のある方はどうぞ

>>>楽天でアラジンストーブを検索<<<
posted by カンデン at 05:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1456457

この記事へのトラックバック


Excerpt: ストーブストーブ(stove)とは、燃料を燃焼させるなどの手段により、熱を発生させる装置である。アメリカ等では一般には、調理器具及び、暖房器具の両者を指す。イギリスでは、調理のみに供される器具はクッカ..
Weblog: 日本の心-四季折々の風情を感じ...
Tracked: 2007-07-28 08:08